不動産投資信託とは何か|初心者でも始めやすい

つみ木の家

一つの不動産経営です

ショッピングカートと駐車場

大都市においては常に駐車場不足が続いているので、不動産経営を考えている人は駐車場を施工してみるのも一つの手でしょう。土地の価格や集客予想などを考慮したうえで、地盤の状況も確かめて行えば、それほど損をすることは少ないです。

詳細

リスクの少ない土地活用

ジャケットの男性

土地を遊ばせておくと税金がかかって資産が目減りします。土地活用して資産を増やすには、リスクの少ない駐車場経営が向いています。マンション経営では工事費用がかかりますが、駐車場ならそのまま営業できます。近くに商店街がある場合、商店と提携してチケットで止められるようにすると定期的に収入が得られます。

詳細

格安でも泊まれる民泊

マンション

airbnbとは住宅の部屋やアパートなどを臨時に宿泊施設に出来る仕組みです。大都市である大阪市でも、格安で泊まりたい人に人気となっていて、ネット社会ならではのフレキシブルなサービスです。

詳細

資産運用の新たな選択肢

マンション

人気が高まった理由

超低金利で定期預金の利息もゼロに近づく中で、平均すると3パーセントの利回りが確保できるのが不動産投資信託です。国内の証券市場で取引できる銘柄数も増えているために、運用方針に合わせて最適な銘柄を選べるでしょう。マネー雑誌で盛んに紹介されたことも、不動産投資信託の人気が高まった大きな理由です。投資口の分割で購入しやすい銘柄も増えたので、20万円前後の投資資金で購入できることも魅力的です。最近になって積極的に不動産投資信託を購入し始めたのが、経験の浅い投資家です。情報の透明性が高いために、負債の比率や資産総額の大きさなどで、銘柄を選べるのが人気の理由です。ETFを通じて不動産投資信託への投資が行えるために、積立感覚で購入する人も増加傾向です。

銘柄を選ぶ時のポイント

安定性を第一に考えて銘柄を選ぶ時のポイントは、負債のウエイトの低さと融資の金利の低さに注目することです。業界の再編も進んでいるので、将来的に合併が見込まれている銘柄も有望です。運用している資産の内容によって、個別銘柄のリスクとリターンは様々です。価格変動が小さくて安定した分配金が受け取れるのが、マンションへの投資を行うレジデンス系の銘柄です。レジデンス系の投資法人が保有する物件は個人向けの賃貸物件であり、将来的にも安定したインカム収入が得られるでしょう。成長性と将来性に注目する人が選んでいるのが、オフィス系とヘルスケア系のREITです。情報サイトでも様々なREITの情報を紹介しており、ランキングを役立てることが投資を成功させる秘訣です。